fc2ブログ

Ben-Lee's Philadelphia Story (1999)

benleephiladelphiastory
Ben-Lee's Philadelphia Story』(1999)です。安心のKent Records編集です。
Ben-Lee Music、つまりFrank BendinelliLeroy Lovettという仕掛人のふたりが手掛けた1960年代後半の音源集、後のフィラデルフィア・ソウルの礎になるような録音といったところです。


この辺りは手薄なので知った名前はPatty And The Emblemsくらいなんです。安定感が抜群ですね。M24「He Said, She Said」は思わず引き込まれてしまうほど魅力的です。あとはThe IntrudersなんかもすでにBen-Lee Musicの世話になっているんですね、さすがにまだまだのどかなものですけれども。


そうですね、全体的に牧歌的でのんびりとした雰囲気です。そして、ほとんどがグループものなので各グループならではの連係の面白さや妙味を堪能するほかないですね。


そんな全24曲のうち、未発表曲が半数程度を占めています。録るだけ録って世に送り出す機会を逸したのはどういう事情だったのか。どれもこれもお蔵の入り原因がまったく判らないくらいの完成度の高さなのでもったいない限り。今も昔もあり得る話なんでしょうが何とも世知辛いですよね。
そこには何とKenny Gambleが歌い上げるM10「What Am I Gonna Say To My Baby」が含まれています。非常に情熱的です。まさに後のフィラデルフィア・ソウルへと繋がる架け橋ですね。


ほかに気になるのはM19「I'm Happy Without You」でのAnn Byersの力強い歌声。「The New Boy」を可憐に歌う Joyce Bennettよりも聴きものですね。
それからThe Marvelsがじっくりと聴かせるM23「Please Don't Go」というバラードも素晴らしい出来なんです。こういうところには土地柄色濃く反映されているのかも知れません。


続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード