FC2ブログ

Located In The Record Center Of The South (1998)

centersouth
Located In The Record Center Of The South』(1998)というオムニバス盤を聴いてみました。
ソウル・ミュージックについては別なんですが、“Grand Finale”と謳われている通りにAce Recordsから大量に復刻されたルイジアナのExcello Recordsの音源集の数々、その総まくりですね。


まずはJerry McCain & His UpstartsのM1「Run Uncle John! Run」から景気良く始まりますよ。猥雑な雰囲気が充満するM2「Don't Let Your Daddy Slow Walk You DownGood Rockin' Sam With Kid King's ComboにまろやかなバラードのM4「Baby I'm Confessin'Johnny Angelと快調な滑り出しです。


Excello Records特有のR&Bにスワンプ・ブルースなんでしょうか、どれもこれも相変わらずの泥臭さなんですけれどほんわかとした軽妙さが憎めない要因なんでしょうね。
全体的にゆったりとした陽性のノリ、身を任せ酔いしれるほかないんですよ。


有名どころのCarol Franのほかにも女性シンガーが控えておりまして。M8「Just Lonesome That's All」を力むことなく歌い上げるLillian Offittの存在感もばっちりですね。
この辺りからさらに盛り上がって参りまして、ヴォーカル・グループのThe GladiolasによるM10「Sweetheart Please Don't Go」、これがまた未発表曲というのですから驚きですよ。
跳ねるリズムとピアノも大活躍のギター・インストゥルメンタルのM11「Guitar RhumboGuitar Gableも充分に聴きものなんですが、M14「ConfusionClassie Ballouの渋いインストゥルメンタルにしても舌を巻くほかありませんね。


夢見るようなM16「To You My Darlin'Jay Nelson & The Jumpers、これも未発表曲なんですって。
貫禄たっぷりに歌うLeroy WashingtonのM17「My Chinatown Gal」とM19「My True Life」とが良い形で対比になっていますね。


やさぐれたM20「I Got A Love(Way Down In My Heart)Lonesome Sundownが放つ臭みも強烈ですね。
ひなびた感覚が堪らないLazy Lesterの2曲、M21「Because She's Gone」とM22「Ponderosa Stomp」。これが本当に最高の湯加減なんですよ。


最後を締めるのは大御所、Slim Harpoです。ヒット曲のM24「Raining In My Heart」も勿論、素晴らしいんですけれども。またまた未発表曲だというM18「Late Last Night」の緩さ加減、これがもう得難いものです。


続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード