スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Flaming Lips / The Soft Bulletin (1999)

softbulletin
今回のThe Flaming Lipsは『The Soft Bulletin』(1999)というアルバムです。
これまでとはまるで別人になってしまったかのような変わりよう、です。


本盤では何と言ってもM1「Race For The Prize」に尽きますよね。一聴してThe Flaming Lipsがまったく違う段階へと登り詰めて来たんだと判ります。これで、この1曲のお陰で世界が変わりました。
いきなりストリングスを大胆に導入しているかと思えば、ねじ切れそうになる1歩手前の塩梅が心地良さを誘います。そして歌心はそのままに、しかし上滑りして行く歌声もそのままなのが好印象です。


ほかの収録曲も同様に今までのようなギターバンド然とした姿は消し飛んでしまっていまして。極端に図太い処理がなされているスネア・ドラムの音色は相変わらずなんですが、前作の『Clouds Taste Metallic』(1995)からの繋がりをほとんど感じさせない音の作り。
4枚同時に再生させることによってひとつの作品として成立する驚異の異色作、『Zaireeka』(1997)を間に挟んでいったい何があったんでしょうね。


地味ながら地殻変動のように大きな歩幅で展開して行くM3「The Spark That Bled」にこれまた同じく地味に懐の深さをえぐって行くようなM6「What Is The Light?」、さすがにメロディーのしっかりとしたシングル曲でもあるM8「Waitin' For A Superman」。
M10「The Gash」、M11「Feeling Yourself Disintegrate」やインストゥルメンタルのM12「Sleeping On The Roof」なんてのは途方もなく広大で雄大な景色を眼前に提示してくれます。


この10年以上前にはドシャメシャで仄暗いサイケデリックなパンクのようなものを演っていたものの、やはりポップな側面はしっかりと健在なんですよね。その辺りが大化けして、尚かつ商業的にも成功した要因であることは想像に難くないと。
全14曲、思わぬ大作じゃないですか。


続きを読む

スポンサーサイト

Tender Trap / Film Molecules (2002)

tendertrap
みんな大好きHeavenly


まだまだ続くHeavenly関連のエントリなんです。
今回は最近になって久しぶりに新しいアルバムを発売したというTender Trapのご案内。Amelia FletcherRob Purseyが中心となったグループですね。


前回はMarine Researchの『Sound From The Gulf Stream』(1990)のことを結果的にこき下ろしてしまった訳ですが、この1枚目のアルバムでもある『Film Molecules』(2002)はですね、どちらかと言えば前身グループであるHeavenlyに先祖帰りでもしたかのような印象なんですね。
ひねりを効かせようとしていることも判りますし、もうすでにゼロ年代の録音なので何かしら新しいことに取り組んでみようという意欲的なところもある訳ですけれども。


どうしても仕方のないことですよね、『Heavenly VS. Satan』(1991)と『Le Jardin De Heavenly』(1992)頃のような音を期待してしまうんです。それは間違っているはずです、判ってはいます。


本人たちが納得のうえで演っているのであればそれはそれで問題ないかとは思いますが、ここでも趣味の延長にしか聞こえないものになっているような気がします。もともと広く大衆に訴えかけるような音楽ではないにもかかわらず1990年前後には妙な追い風が吹いていたんですよね。端からTalulah GoshHeavenlyの時から趣味の域を出てはいなかったと言えますが、あの頃、彼らが20代の頃と同じように半ば向こう見ずな突っ走り方をしようとして、こういうことを演っているんです聴いてみてくださいと差し出されたものがこれでは物足りないと言いますか期待はずれと言いましょうか。


さまざまな効果音を仕込んだり、挙げ句M13「You Are Gone (So You Should Go)」なんかは半分以上がインストゥルメンタルだったりといろいろ趣向を凝らしてはいるんですが、一向に引っ掛かっては来ないんですよね。歯痒いです。
ここで喜んで楽しむことが出来るのがファンであるのかどうかも判りませんし変に冷静になって聴いてしまうのも事実なんです。

Primal Scream / Sonic Flower Groove (1987)

sonicflowergroove
洗濯物を干し終わりまして、ひょんなことからPrimal Screamの『Sonic Flower Groove』(1987)を聴いております。夏な洗濯量が少なくて済むので好きな方です。


このPrimal Scream、アルバム毎にガラリと趣向を変えつつ時代の最先端を突っ走る、らしいんですけれども。Bobby GillespieがもともとThe Jesus And Mary Chainのドラマーだったことは本作の発売当時から知ってはいたものの『Screamadelica』(1991)を聴いたのが先でしたね。
ようやく手に入れてみた挙げ句、売り飛ばしたこともありました。最近になって買い戻したんですが、どうせなら「Star Fruit Surf Ride」やM6「Imperial」のデモ版が追加収録された国内盤CDが欲しかったですね。


本盤の場合、何かにつけてMayo Thompson制作だとかJim Beattieのキラキラとした12弦ギターがどうだとかが言及されることが多いですよね。
それでも、『Creation Soup Volume Two』(1991)収録の「It Happens」にとても衝撃を受けたものでしたので、実際に聴いてみてもわずかな違和感というかちょっとした物足りなさを感じてしまったんですよ。


今回、改めてじっくりと聴いてみましたら収録曲はどれも水準以上の出来だと思いますし、M7「Love You」なんかを凄く気に入ってしまいましたよ。確かに初期The Byrds直系のキラキラ感と微かなサイケデリック臭、そしてBobby Gillespieフニャモラーな歌声は良く映えますよね。


結局のところジャケット写真のBobby Gillespie、彼の着ている水玉模様のシャツが強く印象に残ると言ったら元も子もないですかね。


続きを読む

The Kinks / Lola Versus Powerman And The Moneygoround, Part One (1970)

lola
The Kinksの『Lola Versus Powerman And The Moneygoround, Part One』(1970)です。
このエントリのために初めて聴いています。一聴してこれはちょっと捉えどころがないと思ってしまった次第です。いえ、実際にはちょっとどころではなくて、だいぶ困惑してもいます。


まずは冒頭のM1「Introduction」がひなびたカントリー調かと思いきや、ロックン・ロールなM2「The Contenders」を矢継ぎ早に浴びせ倒して来るという景気の良さ。
Dave DaviesによるM3「Strangers」にしても緩いノリでもぐいぐいと引っ張って行くM4「Denmark Street」にしても古き良きアメリカの音楽へと一層、傾斜している様子がありありとしているんですよね。
何だか『Muswell Hillbillies』(1971)への下地が出来上がっているかのようですね。


続くM3「Denmark Street」はと言いますとミュージックホールな風情なので混乱してしまう訳です。こんなところもThe Kinksらしいかも知れませんね。


M5「Lola」の場合、『The Songs Of Ray Davies Waterloo Sunset』というレア・トラック集の追加が嬉しい『The Singles Collection』という2枚組の編集盤では“Cherry Cola”と歌われていることで馴染み深い1曲だったんですが、本CDにはちゃんと追加収録されていますね。
何かにつけてこのモノラル版シングル・ヴァージョンを繰り返し聴き続けて来たにもかかわらず、いつまでも飽きの来ない永遠の名曲です。


表題からも皮肉たっぷりなんだろうと感じさせる割と激しいM7「Top Of The Pops」と尻上がりに盛り上がって行くM9「This Time Tomorrow」から突き上げられる高揚感というのには堪らないものがありますね。


M12「Apeman」も件の編集盤に収録されているんですよね、情けないことに初めて気が付きましたよ。しかも、良い曲じゃあないですか。
これはスティール・ドラムか何かが使われているんでしょうか、凄く効果的ですよね。


ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦』と言われても。これまた一向に訳が判りませんがなかなか粒ぞろいの佳曲が揃ったアルバムなんですね、としか言えませんです。


続きを読む

BMX Bandits / The Rise And Fall Of BMX Bandits (2009)

bmxrisefall
今月のBMX Banditsは最新のベスト盤、『The Rise And Fall Of BMX Bandits』(2009)のご案内ですよ。


Serious Drugs The Creation Anthology』(2005)という紛らわしい表題のベスト盤がCreation Records時代に限った音源集に対してElefant Recordsから発売された本盤はそれよりも前のパーティー・バンド然とした時分の音源と再録や未発表ヴァージョンなどが主なところのようですね。
デビュー・アルバムの『C86』(1990)とVinyl Japanから発売された『Star Wars』(1991)からの選曲が割と多いです。挙げ句の果てに『Duglas Stewart's Frankenstein』(1996)というDuglas T. Stewartのソロ・アルバムからもM12「Hey Little Tomboy」とM15「Stupid」の2曲が収録されているという何たる暴挙。


53rd & 3rd Recordsからのデビュー・シングル、M1「E102」から初の女性メンバーであるRachel Allisonが活躍する最近のM4「I Can Wait Forever」、初めて耳にするM9「Baby Loves Lovin'」とM22「Love's Sweet Music」、M23「I Don't Wanna Grow Up」のほかにもM2「Disco Girl (2008 Version)」やM14「Day Before Tomorrow (2008 Version)」、M17「Whirlpool (1995 Version)」にM16「I Wanna Fall In Love (Version 2)」といった変わり種もちらほらと。
お判りのように通り一辺倒のベスト盤ではなくDuglas T. Stewart特有の遊び心が炸裂した仕掛け満載のおもしろ編集盤として仕上がっております。
無理して再録音する必要があったのかどうか疑問の残るところではありますが、お楽しみの範囲内ということで。


さすがに驚いたのはM18「Tugboat (With Angel Corpus Christi)」という1曲です。
そうです、これはあのGalaxie 500のデビュー曲をカヴァーしたものなんですよ。こんな形でBMX BanditsGalaxie 500が繋がるなんて夢のようです。


エントリし損なったままのシングル曲のM20「Help Me Somebody」も収録されているのでとても嬉しいですね。もの凄く楽しげですので本盤の中でいちばんBMX Banditsらしいのではないでしょうか。最高ですね。


大好きなBMX Banditsについてのエントリも今回でひと段落です。あとは旧ブログから初期作品のエントリを引っ張って来て完結させたいですね。
ありがとう、BMX Bandits!ありがとう、Duglas T. Stewart


続きを読む

大文字のGoogle

京都の夏の風物詩、五山送り火が毎年8月16日に営まれている訳なんですね。


お盆に戻ってきた先祖の霊をあの世へ送り返す伝統行事とのことで神妙な気持ちにさせられますが、Googleは毎回洒落たことをしてくれますよね。

続きを読む

Treasure Isle: Showtime (2002)

treasureisleshowtime
盆休みをのんびりと満喫しております。こういう時に限って天候不順なんですけれどね。
さて、ただ今『Treasure Isle: Showtime』(2002)というオムニバス盤を聴いていますよ。


復刻専門でしょうか、Hertbeat Recordsの頑張りには目を見張るものがありますよね。本盤もその1枚、Duke ReidTreasure Isle音源を上手いことまとめた代物です。1960年代の音源ですよね、きっと。テイク違いなども拾い上げられていますので、お得感もばっちりですよ。
ジャケット写真が雰囲気たっぷりなのと隠しトラック(詠み人知らず状態の模様です)を含めて23曲も収録されているので、凄く気に入っています。


内容も最高ですよ、もう。
The ParagonsThe MelodiansAlton Ellisなどの見知った連中にしてもなかなか単体アルバムに手が伸びない中でサクッと聴くことが出来る訳ですし、そのほかの大多数の無名な連中をも一網打尽、ですよ。


レゲエよりもずっと楽しめるロックステディはやはり、そののどかなところが良いんですよね。もっと好きなのはスカなんですけれども。
基本的にほんわかゆったり。緩いリズムにまろやかなホーン。そして甘い歌。古臭くとも生温かい音像が汚れた心を癒してくれます。

続きを読む

Yo La Tengo / May I Sing With Me (1992)

mayising
今回のYo La Tengoは『May I Sing With Me』(1992)というアルバムです。何故だか今まで聴いたことがなかった1枚でして、ようやく手に入れました。今さらながらエントリの抜けを埋めてみます。


カヴァー曲の多い『Fakebook』(1990)と大好きな『Painful』(1993)に挟まれた本作、一聴して直球勝負のロックなアルバムだという印象を持ちました。
冒頭のM1「Detouring America With Horns」こそ健やかな1曲なんですが、あとは大体、激しさが前面に押し出された展開のようです。M5「Five-Cornered Drone (Crispy Duck)」にしてもM6「Some Kinda Fatigue」やM9「Out The Window」などに顕著な感情をぶちまけ叩き付けるような音に対してこんなグループでしたっけと首を傾げたり。


序盤のM3「Mushroom Cloud Of Hiss」なんかはタガが外れたようなハチャメチャな演奏が9分以上も続くという代物です。大荒れのフィードバック・ノイズ大会も含めて、その勢い任せの姿勢が少し辛く感じられることもあったりしますね。


本盤に限ってはどうやら歌心が足りていないように思えました。いずれにしても、どれもこれもYo La Tengoであることは事実なんですけれどもね。


サイケデリックな感覚が強いのは恒例になっているゆったりとした長尺曲のM9「Sleeping Pill」くらいなんですね。後光が差しているかのようなオルガンの音色やこの緩めにどこへともなくうねって行く様子はいつだってクセになります。
対照的にしめやかに締めくくられるM10「Satellite」の寂寥感もただごとじゃありませんね。


続きを読む

OZ

本日のGoogleロゴは『The Wonderful Wizard Of Oz 』をモチーフにしたものですね。ちょうど1990年出版だそうですよ。


誰もが小さな時に何らかの形で触れたことのある児童書でしょう。
懐かしいですね、大人になった今でも楽しむことが出来そうです。


続きを読む

Perfume / Voice (2010)

voiceltd
Perfumeの最新シングル、『Voice』(2010)です。
今年でグループ結成10周年、11月には東京ドーム公演を控えている彼女たちの新曲がふたつ収録されています。どちらもCMタイアップ曲ですね。


いちばん最初に耳にしたのはCMよりもラジオで、でしたね。そのM1「Voice」、一聴してPerfumeと判るようになってしまったこの身体。
これまでとは少し音の傾向が違うのかと思いつつ、いつものキラキラ感やすぐに良く馴染むメロディーに感心しきり。本当に素敵な1曲ですよね、毎度のことながら素晴らしい仕事っぷりですよ。


あちらこちらでYMOからの影響がと言われているのが判然としなかったんですが。これはM3「Voice -Original Instrumental-」ではっきりする案配ですね。サビの部分では特に中華風な旋律と音使いが露になっていまして、どこからともなくYMOを想起せざるを得ませんです。


もうひとつの新曲、M2「575」は早くも夏の終わりにぴったりな切ない内容と曲調に仕上がっています。でもって、ここでは何とラップが登場します。結果、何だかやけに安っぽく聞こえるんです、途中、いきなり。さすがに上手くまとまってはいるんですが、違和感は残りますね。こうなるとM4「575 -Original Instrumental-」でも充分という事実もあったりします。
この線はないなと思いました。あくまでもカップリング曲ということでよろしいかと。


続きを読む

Stereolab / Captain Easychord (2001)

captaineasychord
今月のStereolabは『Captain Easychord』(2001)というEPです。
Sound-Dust』(2001)の前哨戦のような1枚ですね。正直なところ、この頃になりますとほとんどStereolabに関心を持っていなかったので惰性で購入していたことを告白しておきましょう。


M1「Captain Easychord (Edit)」という表題曲。これがシングル・ヴァージョンですので、厳密には全曲、アルバム未収録となりますね。
淡々と綴られるM2「Long Life Love」とM4「Moodles」はどちらも7分超え、M3「Canned Candies」にしてもその地味な佇まいということになりますとアルバムから漏れてしまった場合の駆け込み寺の様相でもある本盤。


大雑把に言ってしまえば、Stereolabとしてはそれほど面白みを感じないのがこの時期でしょうか。以前からずっと聴いていれば判るように根っこはいつもと同じ彼らなんでしょうし新たな試みに取り組む姿も容易に想像することが出来る訳なんですが、空振りとは言わないまでも停滞気味に目には映りますね。
Stereolabならではの神通力にも陰りが出て来たんでしょうか。


浮遊感が溢れかえるラウンジ感覚に醒めた歌声という取り合わせが悪い訳ではありませんが、活動開始からこの時点で10年です。
もう充分なのではという気持ちにもなってしまうのでした。


続きを読む

のあのわ / Magical Circus (2010)

mg
のあのわの最新アルバム、『Magical Circus』(2010)ですよ。
今、いちばん注目しているグループなので楽しみにしていた訳ですので、いろいろな意味で裏切られました。


シングル曲のM5「Sweet Sweet」とM8「グラデーション」を含む全12曲、前作の『Spectacle』(2009)以上にとっ散らかった内容ですね。このジャケット写真にしてもちょっとな、と思わせるものなんですよ。


のっけからヒップホップ風のM1「lalala-uh-uh-yeah!」にびっくりです。
先行きが不安になるような1曲なんですよね、これが。声も極端に加工されていますし違和感しか浮かんで来ないんですが、だんだんとこれはこれでありなのかなと思えるようになっています。
折り返しのM6「つないで」も同様にこれまでののあのわとはまったく様子が違う1曲でして、果たしてアルバムに必要なものなのかどうか疑問だったりしますね。


それでも、だいたいあとはのあのわ節と言いましょうか、色とりどりの鮮やかな音使いと絞り出すようなYukkoの歌声が炸裂するという訳です。
でもって、ここがあそこがとはまだ具体的に挙げ切れないものの、ところどころ詰めの甘いような部分が散見、感じられるんですよ。練り込み過ぎがおかしな方向へ転ぶのも質が悪いんですが、この辺り、急かされていたかも知れないなと下衆の勘繰りが思わず働いてしまいます。デビューしたての頃と比べて神秘的なところがなくなってしまったんだなとも思いましたよ。


アルバムの流れとしてはM8「グラデーション」から最後のM12「ネバーランド」まででしっかりと盛り上がります。怒濤の勢いです。大円団ですね。この後半の流れはさすがに気持ち良いですよ。
M9「もぐらは鳥になる」の場合はやはり、英語詩版の方がしっくりと来るんですけれどね。


そんなこんなでこんなところで失速してもらっては非常に困るのあのわの『Magical Circus』に対しての難癖もぶつけ終わりまして。やはり、大好きなグループです。大いに期待しております。


続きを読む

のあのわ / グラデーション (2010)

noanowag
新しいアルバム、『Magical Circus』(2010)を発売したばかりののあのわの先行シングルです。『グラデーション』(2010)、6月発売でしたね。


まずはM1「グラデーション」、夏を先取りにするような凄く爽やかな1曲ですよ。チェロの出番がほとんどないので物足りなさを感じてしまうのは否めませんし残念なことではありますが、シングル曲として良く出来ていますね。
こういう路線に不満を持たれる向きもあるでしょうが、現役なんですし日和っている訳でもなく変化し成長して行くことに口を挟むことも野暮なことでしょう。


続くM2「もぐらは鳥になる (English Ver.)」は言いますと、『トップランナー』というテレビ番組の2010年度テーマ曲だそうで。司会がそっくり交替してからはほとんど観ていないので、まったく気付きませんでした。
そんなこととは関係なしにイイ曲ですね。件の新作、『Magical Circus』に収録の英語詩版となる訳なんですが断然、こちらの方が堂に入っていますし決まっていますよ。そういう意味でも思わぬ収穫ですね。


最後のM3「Star House」も出来が大変によろしくて本盤のお得感が倍増です。何だかギターバンドらしさが前面に押し出されているような1曲でして好みのど真ん中なんですよね。痛いところ突かれました。
B面曲と言いましょうかアルバム未収録曲でもこれだけのものがあるんですから地力もしっかりとついて来ているようですし、将来がますます楽しみなグループです。


続きを読む

Post-impressionnisme

連日の夏日ですね。
本日は朝っぱらから国立新美術館へと出向きまして、『オルセー美術館展2010「ポスト印象派」』を堪能して参りました。


会場前には開場前から行列が作られていまして、ご年配の皆さんたちの並々ならぬ熱気が輪をかけて気温をかさ上げしているような状況でした。


美術に特別に詳しい訳ではないので、簡単に感想を記しておきます。
いちばん目を惹いたのはフェリックス・ヴァロットン(ナビ派)による『ボール(ボールで遊ぶ子供のいる公園)』という作品です。自分でもいつかどこかで見たことがあるような、そんな気持ちにさせてもらいました。
同じナビ派のモーリス・ドニの作品、『木々の中の行列(緑の木立)』での独特で目の覚めるような色使いにも感心しきりでした。


あとは、これはもうありがちではありますがフィンセント・ファン・ゴッホの『星降る夜』には圧倒されてしまいました。あの力強い筆致と来ましたら。


じっくりと観て回って正午前には会場をあとにしたんですが、嫌でも目に入る入場待ちの様子がまた凄かったですね。さすがに先日、入場者数が60万人を超えただけあります。
8月16日までの開催です、ご興味がありましたら是非どうぞ。


Teenage Fanclub / Songs From Northern Britain (1997)

songsfromnorthernbritain
今月のTeenage Fanclubは『Songs From Northern Britain』(1997)です。表題からして随分と誇らしげですね。自信のほどが窺えます。
手持ちのCDはデジパック仕様、カタログ番号はCRECD 196L。一応、限定盤ですね。ジャケット写真も素晴らしいんですが、デジパックだけに通常とは少し異なる装丁の凝りようです。


この『Songs From Northern Britain』はTeenage Fanclubにとって6枚目のアルバムでして、この辺りがグループとしての絶頂期だと思います。前身グループのThe Boy Hairdressersの結成から10年くらいでしょうか。
Brendan O'Hareが首になる前は素人臭かったことを否めませんでしたが、ここまで来ますと貫禄すら漂っていますよね。


驚いたのはこれまでとは音像の広がりや深みが段違いなことなんですよ。
発売当時、会計を済ませた直後に我慢することが出来ずに試聴した際です。冒頭のM1「Start Again」からM2「Ain't That Enough」へと切れ目なく続いたところで不覚にも涙がこぼれ落ちそうになったんです。あまりにも美しくて。


かっちりと作り込まれた前作の『Grand Prix』(1995)もギターポップとして素晴らしいんですが、本作の場合は何だかロック・ミュージックとしての完成度が高いんですよね。とても自然な音の響きが奏功していますよ。Paul Quinnによるドラミングもしっかりとしていますしね。
それから、いつもは不安にさせられるRaymond McGinleyの持ち歌もここでは骨太で筋肉質な演奏に支えられているせいか、Norman Blake作品とGerald Love作品に完全に拮抗しているんですから。これこそ重要です、それだけでも凄く大きな収穫なんです。


収録曲はどれもこれもポップソングとして粒揃いですし、感情が込められた歌や厚く美しいコーラスといったところもいつも以上に際立っています。シングル曲でもあるM1「Start Again」にどれくらい特別な意味があるのか判りませんが円熟味とは言わせない爽快さも備わりつつ、しなやかな演奏力によって器の大きさを見せつけられるような感覚も覚えてしまいますね。


もうひとつ、本作ではNeil Youngの影は薄くてですね、それでもウェストコースト・ロック風味と地元のスコットランドの香りが上手く混ざったような風合いなのが特徴なんですよ。M4「I Don't Want Control Of You」なんかが顕著かも知れません。
これもまた新境地、といったところでしょうか。


時の試練に耐え得る楽曲と音楽性。ある意味、ひとつの到達点と言えるのはあながち間違っていないですよね。ずばり、傑作です。


続きを読む

プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。