FC2ブログ

10th Birthday

Googleの創立10周年を記念してこんなページから“Googleタイムライン”へと繋がっておりますよ。


眺めているだけでもこれは楽しい!



続きを読む

Galaxie 500 / On Fire (1989)

onfire
今なお多くのファンを魅了してやまない(はずの)Galaxie 500の最高傑作、『On Fire』(1989)のご紹介です。
一応、今回も紙ジャケットCDの発売記念ということで。

同じKramer制作の前作、『Today』(1988)と比較しまして曲作りの面でもより深化していますし、それは次作の『This Is Our Music』(1990)で極まるのですけれど。


本作、『On Fire』での絶妙なさじ加減こそ捨て置けないものなのですよ。
全体的な印象としましてはどうしてもThe Velvet Undergroundの同名アルバム、『The Velvet Underground』(1969)に顕著な静謐感を連想させるでしょう。
それは間違いではありません。


ただし、The Velvet Undergroundから影響を受けた凡百のグループにはない何か特別なものをGalaxie 500が持っていると感じさせてくれます。
意外と高い熱量を放つ、蒼白い炎のようなギターの音色などはその最たるものですね。
The PastelsStephan Pastelが惚れ込むのにも合点がいきますよ。


ピリッとしないままにたゆたうメロディーを白痴のように歌い流されるというのもどういう訳だか大変に心地よいのです。
例えばM2「Tell Me」やM4「Strange」などは白眉ですね。
その儚くも虚ろな眼差しにはイチコロなのです。


最後を締めくくるのは何とGeorge Harrisonのカヴァー、M10「Isn't It A Pity」です。
醸し出されるその無常観はただごとではありませんよ。
ぐうの音も出ません。


このグループ、カヴァー曲は似合わないと感じるのですけれど『Today』ではJonathan RichmanThe Modern Loversを、次作の『This Is Our Music』ではYoko Onoの「Listen, The Snow Is Falling」(←美しい!)をカヴァーしているくらいなので自然なことなのですね、きっと。


そして、何よりその本編と同様にRykodisc盤CD収録の追加曲も奮っているのですよ。
嬉しいことです。
M11「Victory Garden」はあの全米サイケデリック・ロック協会南部支部番長、Red Crayolaのカヴァーですよ。
驚きですね。渋いです。


M12「Ceremony」がこれまたJoy Divisionのカヴァー曲。
Radioheadも演っていますよね。
オリジナルやNew Order版を凌駕しています、とはとても言えないのですけれども実に素晴らしい出来映えです。
Dean Warehamの静かな咆哮に涙が出そうです。



続きを読む

The Flaming Lips / Transmissions From The Satellite Heart (1993)

trancemission
前作の『Hit To Death In The Future Head』(1992)に続くメジャー移籍第2弾アルバム、The Flaming Lipsの『Transmissions From The Satellite Heart』(1993)が登場です。
より一層磨きがかけられ、飛び石進級の如く上へ上へと登り詰めて行く様子が捉えられてますよ。


ちなみに初めて聴いたThe Flaming Lipsがこれでした。
厳密に申し上げますと、かれこれ15年前にモダンチョキチョキズのエレキソロバン担当のラジオ番組でM6「Superhumans」を耳にしたのがことの始まりでしたね。
それはもう身体に電流が走ったかのような衝撃でしたので。


綿菓子のように甘ったるいメロディーをふやけた歌声が上滑りして行く訳です。
これはどういことなのでしょう。
根本的に哀しいまでにキーが合っていませんよ。


実際のところこのヘロへロな歌唱が絶妙に琴線に触れる訳でして、それが狙いだとしたらばそれはそれで相当なものですけれど、止むに止まれぬ結果としか思えない気がしないでもない訳ですよ。


当時、局地的にThe Flaming Lipsにとっての『RevolverThe Beatlesと言わしめただけありまして、その感触といたしましては万華鏡の如く煌びやかなものです。


加えてM11「Slow Nerve Action」で聴くことの出来る爆音のようなドラム・サウンドも手伝って非常に極端な低域の音作りが耳を惹くのですけれど、とにかく奇妙奇天烈なギターの音色が大変に刺激的です。


これ即ち、脳みその皺を伸ばされるような感覚と同時に神経を逆撫でされるかのような感覚に陥る羽目となりまして、快楽の絶頂と奈落のどん底の両極端に陵辱される自らをさながら鳥瞰図として眺める格好という訳です。


これは危ういです。
非常に危うい、地球危うしです。


ワクワクしますね。


ドキドキしてしまいますね。


基本は悲しくも楽しい泣き笑いポップながら、下世話で自由奔放な側面も際立つ彼らの傑作の瞬間と申し上げておきましょう。


続きを読む

続・待った甲斐

<任天堂>カメラ付き新型「ニンテンドーDSi」 11月1日に発売

任天堂は2日、新型携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi(アイ)」を11月1日に発売する、と発表した。価格は1万8900円。

タッチペンで操作する基本システムは受け継ぎ、本体を薄型化し、液晶画面の大きさも3.0インチから3.25インチに広げ、ニつのカメラを標準搭載する。また、曲を保存したSDメモリーカードを差せば、音楽プレーヤーの役割も果たす。

先日のエントリの続報です。
任天堂の新型『ニンテンドーDS』のことです。


勿論、クリスマス商戦にぶつけて来るであろうことを承知していましたが、もう1ヶ月を切っているのですね。
発売まであっという間ですね。
そして、売り切れ続出と。


こうなりますと、気長に年明けまで待ってみるのもへいちゃらですよ。(コラ


日暮れ

20081002174230
最近じゃマッハで日が暮れてしまいますよね。

まりやの30年

20081002171749
竹内まりやの初回限定ベスト盤が絶賛発売中ですよ。

秋晴れ

20081002162404
今日は風も爽やかで気持ち良いですねぇ。
プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード