FC2ブログ

Orange Juice / The Heather's On Fire (1993)

heathersonfire

Orange JuicePostcard Recordsに残した音源を軸に構成された編集盤、『The Heather's On Fire』(1993)を取り上げてみましょう。


今回のきっかけはぷく師匠が開催されている無謀な好評企画、“80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション”にてAztec Cameraの『High Land, Hard Rain』(1983)を選び忘れていたからです。
Aztec Cameraと言えばOrange Juice、持ちつ持たれつの仲に決まっています。


最初のアルバム、『You Can't Hide Your Love Forever(1982)を発売するPolydor Recordsに移籍するまでに放ったシングル盤の楽曲が漏れなく収録されているという訳です。


残りのM10~M13までが1981年に行われた2回のBBC Sessionsからの音源でして、ドラム猫が削除されてしまいタータン・チェックのみがあしらわれたジャケット・デザインの日本盤CDにはBBC Sessionsからの音源がもう1曲追加されているようです。


本作を聴いてもネオ・アコースティックの何たるかなぞは理解することはついぞ出来ませんでした。もう21世紀ですし、本盤から15年も経ってしまえばどうでも良いことですけれども。


隠しトラックとして前身バンド、The Nu-Sonics時代の「Who Are The Mystery Girls?」(1977)が収録されています。
これはドラムスなしで、ロンドン・パンクから直に影響を受けてとにもかくにも演ってみましたぜという勢い任せの鼻たれパンクな1曲です。


本盤の内容自体は結果的に件の『You Can't Hide Your Love Forever』の文字通り青写真に当たるまさにポスト・パンク、蒼い衝動に駆られた若気の至り。


この1曲を選ぶとなるとM4「Blue Boy」です。逸る気持ちを抑えきれずに疾走するメロディーに歪み痙攣するギター・ソロ。
1993年に再発売された7インチ・シングルを10年遅れで頻繁に聴いたものです。



スポンサーサイト



ブルー・チアーを追いかけた

Blue Cheerを追いかけてみたものの、見事にスカされました。特に仙台!


結局、先日のエントリに際してとある店舗に網を張っていただきましたところ、商品確保の連絡を本日の午後に受けまして胸を撫で下ろしたという具合です。


DU曰くメーカー在庫は皆無との返答でしたけれど、ぷく師匠のお住まいでは販売されているようですから、ある所にはあるのですね。


お騒がせいたしましが、とにかくひと安心です。



プロフィール

北沢オーストラリア

Author:北沢オーストラリア
ハンドルネームをchitlinから北沢オーストラリアへと改めました。どうか、よろしくお願いいたします。
ポップ・ソングのことを中心に書こうとして自家中毒を起こしているブログです。
見当違いのことばかりですけれども、どうかご容赦のほどを。

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
TFC (36)
MBV (8)
BMX (24)
リンク
ブログ内検索
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード